最近のコメント
Loading

2015年07月18日

iOS9で追加された外部キーボードのショートカット一覧

iOS9で進化したキーボードショートカット

iOS9で外付けキーボードのショートカットキーが追加されました。

今回はキーボードショートカットの一覧を紹介します。

共通

  • タスク切り替え command + tab
  • 文字種切り替え Shift + command  + space
  • 検索 command + Space
  • 全選択 command + A
  • コピー command + C
  • ペースト command + V
  • undo command + Z
  • redo shift + command + Z
  • カーソルを先頭に移動 command + ←
  • カーソルを末尾に移動 command + →

Safari

  • ページを再読み込み command + R
  • ページ内検索 command + F
  • ブックマークを開く command + L
  • 新規タブ command + T
  • タブを閉じる command + W
  • 次のタブを表示 control + tab
  • 前のタブを表示 control + shift + tab
  • 戻る command + [
  • リーダーを表示 command + shift + R

さいごに

AppleはSurfaceの対抗になるべく、iOS9にてショートカットキーを追加してきました。

これによって格段に使用感がよくなることは明白で、今後発表が予定されている。iPad Proに影響を与えそうです。

Proの12.9インチの大画面だと、外付けキーボードもフルピッチのものが使えますから、タッチパネルのMacBookを操作しているような感覚になりますね。

IOS9の進化を味わいたいなら、iPad Air 2がオススメですよ。Air 2でしかマルチタスクには対応していないですから。

これからもiPadからは目が離せませんね!

posted by むきだい at 20:46 | Comment(0) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

iPhone6、値上がり。iPhone5(S)の方は我慢してMacBookProを買おう。

20141114apple_0001-328x480

はじめに

こんにちは、むきだいです。今回は最新デバイスのiPhone6を買うなら、MacBookAirや、Proを買ったほうがいいよ!ってことを語りたいと思います。

 

iPhone6値上げ、MacBookProよりも高価に

iPhone6の値上げが発表されました。

具体的には以下のようになります。

・iPhone 6(16GB)6万7800円→7万5800円(8000円アップ)
・iPhone 6(64GB)7万9800円→8万7800円(8000円アップ)
・iPhone 6(128GB)8万9800円→9万9800円(1万円アップ)

・iPhone 6 Plus(16GB)7万9800円→8万7800円(8000円アップ)
・iPhone 6 Plus(64GB)8万9800円→9万9800円(1万円アップ)
・iPhone 6 Plus(128GB)9万9800円→11万1800円(1万2000円アップ)

 

あまり進化していないiPhone6

iPhone6は、5の2年乗り換え時期でもあって、爆発的に普及しています。皆さん2年の縛りをうけて購入しているのでしょう。

しかし、機能面での進化は微々たるものです。ざっと上げると大きくなって、早くなって、バッテリーの持ちがよくなった(Plus)ということ。

よく考えると、5より早くても、恩赦を受ける方が何人いるというのでしょうか。マシンスペックを食う作業などiPhoneではほとんどしません。

 

デザインでは後退したとの声が多数

iPhone6はデザインでは5に負けているとの声が多く上がっています。

出っ張りのあるカメラ。やけにまるい本体。このあたりは好みが分かれるところでしょう。

 

その他のMacの製品の価格

一番お手軽なマシン。MacBook Air11インチは88,800円からになっています。

それにくわえて、ハイスペックなマシンMacBook Proは108,888円から。

iPhone6Plusの128GBは118,000円です。

LINEとか、動画鑑賞するためのマシンにしては割高なイメージになりますね。

 

MacBookProを1台持っておけば出来ないことはない

世の中でパソコンを使う機会はたくさんあります。

ハイスペックなPCでしか出来ないことで代表的なのが、動画の編集や画像の加工。

MacBookProなら全てできて、十分なバッテリーもあり、家での場所もとりません。

正直、iPhoneに7〜11万円も使うくらいなら、2年縛りとおなじように2年ローンでMacBookProを購入して活用したほうが人生にとってプラスだと感じます。

出来ないことが出来るということは人生の可能性を広げます。

 

流行に流されず、ベストな買い物をしよう

iPhone6はとても高い商品です。生活に密着しているのでそれなりの価値があるのかもしれません。

しかし、大半の方が電話やLINEしか使用していないのも事実。

なんだか見栄を張っているブランド品みたいな持ち物になってしまっています。

ブランドはカッコイイです。モテたいなら最新のiPhoneを買うべきかもしれません。

ですが、私が言いたいのは、「もしMacのPCを持っていないのであれば、そちらを買ったほうが人生に有益だよ」ということです。

MacBook Proが特に便利なのでオススメですけれど、MacBook Airでもよいです。

きっと人生がいままでより輝いたものになります。

 

おわりに

私は普段使いのスマートフォンならiPhone5cがとても安く、必要十分ではと感じています。

posted by むきだい at 10:41 | Comment(0) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

MacBook Air (13-inch, Mid 2013)のバッテリーが持たない

 

techspecs_13_headline

こんにちは、むきだいです。
今回はMBAのバッテリーが持たないということを声を上げて言わせてもらいます。

 

よくもって5時間


ライターなので、ハードに使ってはいないのですが。よくもって5時間。
公称(こちらのページ)ではバッテリー駆動時間は以下のようになっています。

バッテリーおよび電源
最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のiTunesムービー再生

Spotifyを聞きながらネットを閲覧し、たまにTwitterしてテキストを書いているだけで5時間まで落ち込むのはどういうことでしょうか。
「最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧」は、Bluetoothオフ、音量0、液晶の明るさは最低で、Sarafiのみ起動で達成可能な数字じゃないのかと思います。
「最大10時間のiTunesムービー再生」は、できるのか?といったところ。

 

バッテリー持続時間のバラつきが激しい


CPUが少し走ったり、メモリを食う作業をしていると、超高速にバッテリーが減っていきます。
わたしはブログ更新を仮想Windowsで行っているので、バッテリーの減りが早い。

VMWARE Fusionはマジで電池喰いますよ!

ちなみに、2010年モデルのMacBookProを持っていましたが、こちらは2時間半しかバッテリーが持ちませんでした。
アップルの公式ページではバッテリーについては以下の表示。
・最大10時間ワイヤレス環境

これだけ。
いや、実際使ったらどれくらいなのか書けよと言いたい。

「普通に使えば2時間半で切れます」と、書いておいて欲しい。

 

クルマの燃費よりあてにならない数字がバッテリー駆動時間(MacBook全般の)

アップルのバッテリー駆動時間は信用しないこと 。

もしかしたら、パソコン業界全てにいえるのかもしれない。
「12時間ブラウジングできるのなら、7、8時間は執筆できるだろう」
という目安がまったくあてにならない現実。

何度もいいますが実際は5時間が限界です。
ただの愚痴ブログになってしまいました。
でも、案外ググっても、MBA(2013モデル以降の)バッテリーに不満を唱えてるブログがなかったんですよね。
なので、とりとめのない話ですが書かせていただきました。

posted by むきだい at 10:49 | Comment(0) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

Macの保証期間を(レシートを紛失していても、保証書が無くても)調べる方法

 

はじめに


Mac(アップル製品)のには1年間の無償保証期間がついています。
レシートを紛失していて保証が受けられないと思っていても安心。シリアル番号からカンタンに保証期間を調べることができます。

 

シリアル番号の調べ方


メニューバーのリンゴマークをクリックして「このMacについて」を開きます。

スクリーンショット_2014-08-23_17.38.39_082314_060200_PM

詳しい情報をクリック

スクリーンショット_2014-08-23_17.38.55_082314_060244_PM


シリアル番号が表示されています。

スクリーンショット_2014-08-23_17.40.26_082314_060345_PM

 

 

保証期間の調べ方


あらかじめシリアル番号をコピーしておきます。
http://www.apple.com/jp/support/osx/
のアップルサポートへアクセスします。
上のメニューからサポートを選択、下にあるお問い合わせの「こちらから」をクリック。

スクリーンショット_2014-08-23_17.42.18_082314_060824_PM

下にある無償サポートの「こちらで補償状況をご確認ください」をクリック

スクリーンショット_2014-08-23_17.43.57_082314_061033_PM

シリアル番号をペーストします。

スクリーンショット_2014-08-23_17.44.52_082314_061141_PM

 

「続ける」をクリックすると、お客様の保証状況とサポート期間のページへ移動します。
このページで保証期間を確認することができます。

スクリーンショット_2014-08-23_17.46.14_082314_061344_PM

 

わたしのMBAは保証は切れていますね…。

長持ちしてくれることを祈ってます。

posted by むきだい at 18:15 | Comment(0) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

WindowsのプリンターをMacで共有できないときの対処法

さいしょに

わたしはMacBookAirとWindowsをつかっています。

プリンタはWindowsに繋がっていて、オンラインで共有するかたちになります。

普段あんまりプリントをしないので、久しぶりにプリントしようとしたところ、Macからプリンターを認識できない事態に陥りました。

なんとか復旧したので、解決法を書きとめておきます。

 

まずやること

1.システム設定→プリントとスキャン→「+」をクリック

Windows→PC→プリンタと選択

(Windows側で共有設定が必要)

プリンタを選ぶ→プリンタソフトウェアを選択→ドライバを選択(無ければWebでダウンロード&インストール)

 

プリンタソフトウェアが何も表示されない場合

2.アプリケーション→ユーティリティ→ディスクユーティリティ

→ディスクのアクセスを検証→アクセスを修復

 

以上を実行して、1を繰り返す。それでもダメな場合

 

最終手段、直接USBでつなぐ

直接繋ぐとドライバが自動的にネットからインストールされます。

インストール後、Macを再起動。直接印刷できるか試す。OKなら次へ。

Windowsへプリンタを繋ぎなおし、1の手順へ。

すると、ソフトウェアを選択できるようになっているはず。

これでドライバ(ソフトウェア)を選択し、デフォルトプリンタとして設定すれば、Windows側のプリンタを使用することができます。

 

おわりに

かなり手こずりました。もしかしたら、毎度こんな手間のかかる作業が必要なのかと考えてしまいます。

おとなしくWIFI印刷対応のプリンタを買ったほうがいいのかもしれませんね。

posted by むきだい at 13:41 | Comment(0) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

iTunesの容量節約!HE-AACにエンコード!「iTunes HE-AACシェイプアップ術!」

 

 

圧縮音源の規格HE-AAC

iTunesで扱っている音楽は、CDから取り込んだ場合、AAC形式のデジタルデータに変換されています。

これはMP3の兄弟分のようなもので、圧縮音源です。

AACをさらにコンパクトにした規格にHE-AACというものがあって、超低ビットレート(20〜96kbps)においても、高音質を維持できるものがあります。

 

 

MacBook AirのSSDの容量をiTunesが圧迫している

わたしのMacBook Air(以下MBA)はSSD256GBモデルなのですが、Windows仮想化ソフトを入れているせいなのか、慢性的に容量不足です。
そのなかでも容量を喰っているのがiTunes

JDiskReportというアプリを使い調べてみたところ、53GBほどありました。 スクリーンショット_2014-08-04_3_33_09

このままではいけません。53GBをなんとかシェイプアップさせてみようと思います。

 

 

音楽ファイルをHE-AAC 48kbpsへエンコードして容量を減らす

さきほど説明したHE-AAC形式の音楽ファイルはiTunesで対応しています。
容量を少なくするために、既存の音楽ファイルをHE-AACに変換(エンコード)していきたいと思います。

あらかじめひとつの曲をHE-AAC48kbpsに変換してみて、聴き比べて、音質に満足できると感じてから以下の手順をすすめることをオススメします。

 

 

操作手順

1.iTunesの環境設定を開く
スクリーンショット_2014-08-04_18_51_07

2.「一般」→「読み込み設定」とすすむ

スクリーンショット_2014-08-04_18_51_20

3.カスタムを選択

スクリーンショット_2014-08-04_18_51_38

4.ステレオビットレートを48Kbpsに、「可変ビットレート」と「High Efficiencyエンコーディング(HE)を使用」にチェックを入れる

スクリーンショット_2014-08-04_18_51_58

5.画像の部分(名前などが表示されているバー)を右クリック

スクリーンショット_2014-08-04_3_01_16

6.表示項目の一覧から「ビットレート」を探し、チェックする。

スクリーンショット_2014-08-04_19_04_24

7.項目に「ビットレート」が表示されるようになった。

スクリーンショット_2014-08-04_19_08_34

8.128kbps以上の音楽ファイルを選び、右クリック。でてきたメニューから「AACバージョンを作成」をクリックしてHE-AACファイルをつくっていきます。

ファイルが重複するのでアルバムごとに行うのがよいでしょう。

スクリーンショット_2014-08-04_19_48_52

スクリーンショット_2014-08-04_13_16_56

9.元のファイルを削除する

スクリーンショット_2014-08-04_3_16_58

10.1から9を繰り返す。

 

ひたすらファイルを変換していく

アルバムをアルファベット順に選択していき、「AACバージョンを作成」→「元のファイルを削除」をすすめていきます。はっきり言って、地道な作業です。

わたしのiTunesには392コのアルバムがありました。全部やっていたらキリがないので、「4曲以上収録されているアルバム」にしぼりました。

あとは、お気に入りの曲はそのままのデータで残しておく。というルールも決めて、同じ作業の繰り返し。

エンコード中は待っているだけなので、本を見たり、ウェブを見たり、Twitterに興じたりしていました。

全曲のエンコードが終わったのは5時間半後…。

記事のためとはいえ時間かかっていますね!

 

で、結果は…

iTunesの元の容量は53GBでした。今回の「HE-AACシェイプアップ」の成果はどうだったのでしょうか?

結果は45GBでした。マイナス8GBです。15%の容量削減になりました。

スクリーンショット_2014-08-04_16_40_18

 

1ファイルあたり、どれくらいの容量が減らせるのか

比較して調べてみましょう。

まずは一般的なAAC128kbpsの音楽ファイルの容量。3.8MBです。スクリーンショット_2014-08-04_12_03_23

同じファイルをHE-AAC48kbpsへエンコードした結果。1.6MBです。

スクリーンショット_2014-08-04_12_03_36

およそ半分以下になりますね。

 

さいごに

わたしはお気に入りの曲を変換しなかったりして、エンコードしていない音楽データが多く残っています。

なので今回の結果は15%減というやや少ない結果になってしまいました。(それでも元が大きいので助かりますけれど)

理論的には半分の容量を削減できるので、プレイリストなどが作り直しになってしまいますけれど、「全曲を選択して、一挙にエンコードする」という荒業も使えます。

エンコード後はビットレート表示にして128kbps以上のデータのみを消せばよいのです。

MacBook AirのSSDの容量を少しでも確保したいかたへ、本エントリーが少しでも参考になれば幸いです。

posted by むきだい at 20:47 | Comment(0) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

パソコン初心者にMacbookAirを進める10つの理由


overview_wireless_hero_enhanced

 

1.コストパフォーマンスがいい


総合的にコストパフォーマンスが高いです。
CPUの早さ、メモリー、容量などなど。
安いとはいいませんが、妥当な値段で性能のよいコンピュータです。

 

 

2.Macは使いやすい


Macは使いやすい。Windowsも使いましたけれど、Macは直感的に操作できます。

 

3.Windowsも使える


仕事でWindowsを使わないといけない!といった時も大丈夫、仮想化ソフトを使えばWindowsが使えます。

 

 

4.付属品がいらない


タッチパッド操作が快適なのでマウスが必要ありません。

ディスプレイも美しく、机の場所をとりません。

 

 

5.中古買取りが高い


Mid2013    の買い取り価格が \72,000 (1.3GHz DC Core i5 / 2GB×2 / 256GB SSD / HDg 5000 / 13inch    MD761J/A)
(akibakanより)
もし使わない、使えないとなった時でも安定した価格で買い取ってもらえます。

 

 

6.カッコイイ


デザインが美しくて、見ていて飽きません。
大事なところです。

 

 

7.いろんな場所でドヤれる


スタバなどでMacBookAir(Pro)を使うことを「ドヤる」といいます。
あなたもドヤることができますよ!

 

 

8.これからはMac


一昔前まではWindowsが主流でしたけれど、グイグイとMacのシェアが上がってきています。
これからはMacの時代ですね。

 

 

9.iPhoneとの相性が良い


iPhoneと動機するiTunesは、Macのほうがレスポンスがよいです。
iPhoneのお供にちょうどいいですね。

 

 

10.バッテリー持ちがいい


バッテリーが長寿命なのが大きな特徴です。
最新モデルなら実働5時間は持ちます。
どこへでも持っていけますね。

 

 

11.評価が高い

どこへいっても、MacBookAirの評価は高いです。それだけ良いモノということ。

自信を持ってオススメできます。

 

 

12.セキュリティが高い

インターネットで怖いのが、クレジットカードの情報などが漏洩していまうこと。

情報漏洩ですね。

わたしもパスワードが漏れて、ひどい目にあったことがあります。

ほとんどがウィルスによるものなのですが、Macにはウィルスがありません

Macを使う上でこれは大きな利点です。安心ほど大切なモノはありませんからね

posted by むきだい at 12:09 | Comment(2) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

MacBookAir2013のバッテリーが持たないので対策を考えた

163341_595334017160315_2016252419_n

 

まずは私のMBA2013の駆動時間を見ていただきましょう。

スクリーンショット 2014-07-14 21.49.22

残り時間5時間ないですよ!
公称12時間のはずなのにどうなっているの!?

はじめは、わたしのMBAは実は2012版、もしくは不良品なんだと思っていました。

ですが、今回はそんな現実逃避はやめて、電池持ち改善のためにいろいろやっていきます。

まずはバックライトの明るさを下げてみる


確認したらMAXだったので10まで下げてみます。

スクリーンショット 2014-07-14 21.58.13

おおっと!6時間台まで回復

幸先のよいスタートです。 次いってみよー!

 

 

Windows仮想化ソフトを切ってみる

ブログの更新に使っているのはVMwerw FusionのWindowsXP。
負荷が高そうなこのソフトを終了させます。

ブログの更新を行なうときだけ起動させることにします。

スクリーンショット 2014-07-14 22.05.42

うーん微妙にのびただけ。

 

 

ファイル同期ソフトを切る


常駐ソフトとの中でも便利なファイル共有ソフト。
SugarsyncとGoogleDrive、Dropboxをつかっています。
重要なデータの同期に使っているDropboxをのぞいて、アプリを終了させます。

スクリーンショット 2014-07-14 22.13.49

うおお!きた!7時間台
ネットを使うとバッテリーを食うのだろうか?それともSSDへのアクセス?CPU?
よくわかりませんが、効果はバツグンだったようです。

 

 

アプリを最低限残して切る

普段は起動したままになっている以下のアプリを切ってみます。


・メール
・ツイッター
・Skich


これで残っているアプリはChromeとmi(テキストエディタ)のみ。
どうなるのでしょうか。

スクリーンショット 2014-07-14 22.25.50

おおっときました8時間!なんだ結構のびるじゃん〜!

それでも8時間が限界なのは気にしないことにします。

 

結論


モニタのバックライトは消費電力が高い
アプリは最小限に、ファイル共有ソフトは電池喰いです。

posted by むきだい at 22:49 | Comment(0) | Mac 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきありがとうございました。 お問い合わせ、お仕事の依頼はTwitterからお願いします。フォローよろしくお願い致します。

最近の記事
(07/18)iOS9で追加された外部キーボードのショートカット一覧
(06/23)FireFox URLバーアドレスバー メニューバーを非表示にするアドオン
(06/14)映画レビュー 「トラフィック」
(06/14)映画レビュー 「終身犯」
(06/14)映画レビュー 「インターステラー」
(06/14)映画レビュー 「バタフライ・エフェクト」
(06/14)映画レビュー 「ショーシャンクの空に」
(04/08)HDCP対応ディスプレイが非対応とされてブルーレイディスクが再生できない時の改善方法
(04/03)メカニカルキーボード使いは要注目!ラグジュアリーなキートップ「Thermaltake Tt eSPORTS METALCAPS 37」
(11/19)一ヶ月使ってみてわかった「Moto360」の魅力(レビュー)
(11/16)諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉為末 大 レビュー
(11/15)iPhone6、値上がり。iPhone5(S)の方は我慢してMacBookProを買おう。
(11/15)Moto360 自作ウォッチフェイス紹介
(11/05)moto360オススメウォッチフェイス紹介(From Facer)
(11/04)moto360とズルトラを連携させる。スマートウォッチとズルトラ(Xperia Z Ultra Sol24 C6802 ファブレット)
(10/31)ズルトラと一緒に買いたいアクセサリーなどを紹介(Xperia Z Ultra Sol24 C6802 ファブレット)
(10/29)Zenfone5 まとめ・スペック
(10/24)MacBook Air (13-inch, Mid 2013)のバッテリーが持たない
(10/23)「お金が教えてくれること」 家入一真
(10/23)ライターのツールとしての「ChromeBook」 究極の断捨離とはいえないか?
過去ログ
最近のトラックバック

↑記事が役立ったらポチっとお願いします。

現在の閲覧者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。